ホーム>我々が出来ること!>ペットボトルリサイクル

ペットボトルリサイクル

ペットボトルリサイクル

ますます多様化する現代社会において毎日排出される廃棄物は数知れません。私たちは、これらの廃棄物をできるだけ無駄なく再利用し、再生することが大切だと思っております。そのため使用済みペットボトルの再資源化を図り蘇らせることが循環型社会構築に大きく貢献することだと考えております。
低コストで、しかも安全に確実に処理し、ペットフレークとして再生原料の生産を行い、廃棄物の再資源化を目指しています。

ペットボトルリサイクルのメリット

  • ペットボトルには次のような長所があります。
  • ・重量が軽いため、持運びに便利。
  • ・衝撃に強く、落としても割れないため、消費者にとって扱いやすく安全。
  • ・公的機関により衛生上の安全性が保証されている。
  • ・透明で、内容物が一目でわかり、外観も美しく清潔感がある。

上記の特性により、再生可能資源として、近年さまざまなペット樹脂を利用した製品が大量に生産されています。
ところがこのプラスチックは自然界では分解されず半永久的にゴミとして残ってしまいます。
資源としてのリサイクルへの取り組みも行われてきました。

1.ペットボトルの一番良い点は、気軽に利用できるところです。ウォーターサーバーだと、一度サーバーを借りるからには十分に検討して1つに絞り、しばらくはその水を飲み続ける覚悟?がいるかもしれませんが、ペットボトルはその点気楽です。 飽きたらすぐに別の飲料に乗り換えることができます。

2.ペットボトルの原料であるペット樹脂は、木や紙と同じ炭素・酸素・水素からできており、ペット樹脂を燃やすと二酸化炭素と水になるだけで、有毒ガスを出しません。さらに、焼却するときのエネルギーも木や紙を焼却したときのエネルギーに近く、焼却炉を傷めません。

3.ペットボトルをリサイクルすることで、ペット樹脂の原料で天然資源である石油の節約になります。目安として、ペットボトル2600 本のリサイクルで石油約200 リットル、ペットボトル 13 本の リサイクルで石油約1 リットルの節約になります。

私たちはペット樹脂の特性を踏まえ、2のマテリアルリサイクルを中心に活動しています。

ペットボトルリサイクルの流れ

我々が出来ること!

トップへ